ホームページ タイトル 本文へジャンプ
新極真会


極真空手は、故大山倍達総裁が心血を注いで創り上げた日本が誇る精神的文化遺産です。
大山総裁が遺された「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点とし他を益す」という言葉は極真の神髄を表しています。
我々は総裁の意志を受け継ぎ、「新極真会」を立ち上げました。
「青少年育成」「国際交流」「社会貢献」を使命とし、武士道精神・武道空手の世界普及を目指します。
我々は極真空手の誇りと精神を継承し、日々精進を重ねてまいります。又、NPOとして、健全な法人活動を促進させ、世界の平和に貢献していきたいと考えています。

NPO法人 
全世界空手道連盟 新極真会 
代表 緑 健児

※さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック

極真空手 創始者 大山倍達総裁



目黒道場 道場主 柏木信広 参段 空手歴24年
空手経歴
1992年 入門
1996年 初段へ昇段
1996年 全東北大会 準優勝
1997年 全九州大会 第7位 技能賞受賞
1998年 全ブラジル大会(勢和会主催) 第7位
1999年 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 第4位
1999年 全世界空手道選手権大会 ベスト16
2000年 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 準優勝
2001年 ブラジルへ空手修行 
2001年 カラテワールドカップ(ハンガリー・ブタペスト) 重量級 ベスト8
2002年 目黒道場開設
2003年 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 ベスト8
2008年 弐段へ昇段
2008年 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 ベスト16
2008年 全日本空手道選手権大会 ベスト16
2009年 全日本ウエイト制空手道選手権大会 重量級 ベスト16
2011年 参段へ昇段

2016年 目黒道場移転

押忍
人間は今日が一番若いです。
生まれ変わるなら生きているうちに。
まだまだ進化する自身の精神と肉体を共に鍛えましょう!

少年部の皆さんへ
未来を担う皆さんには、心身共に強くなって欲しいと願っています。
真面目に稽古して努力した人は礼儀正しく、誠実になり精神も強くなるでしょう。
人の傷みの理解出来る優しい人になって下さい。

「道場は人を育てる場所。」
空手の修行だけでなく、困難に負けない心身の育成にも努めます。